宗教法人 円応教
円応教とは? ご案内 行事告知 教養講座
教養講座
教養講座メニュー
信仰の基礎
入教者への道しるべ
基本用語講座
祭典礼拝
信仰の基礎

円応教とはどんな教えですか。

ひとことで言えば、「人間は世の中のために働かせていただくために生まれてきている」という、つまり『世の中の道具になる』というみ教えであります。

教祖が数え年33歳のとき、大正8年7月16日に天啓を享けました※「この女 生まれつきよりそなわり 四十になれば 神の使いしめに生まれ 世の中の道具になる生まれであるが 余り世の中が進み 七年早く行人となり 世の道具になるか 霊で働かすか 姿で働かすか」とありますように、教祖の教義の根本は「世の中の道具になる」ことにあるのでありまして、これが立教の本義であります。

※この女(教祖)は、もともと40歳になると神・仏(大御親様・おおみおやさま)の使いとなって、世の中の人々に楽しみや、喜びを与え奉仕をさせて頂くように生まれる前から決まっている身であるが、世の中が進み、7年早く33歳のこのときから誠の道を修行して、大御親様のみ業(わざ)を助けさせて頂くか、そのためには、霊(たま)〔昇天後、霊(れい)として〕で働くか、姿〔生きたまま〕で働かすかと、御主人様に問いただされました。御主人様は人として「姿で働かしください」と答えられました。これが啓示の根本となり、自らの予言通り、その後7年間をこの世で姿として働かれました。

前のページへ戻る

サイトについて リンク お問い合わせ
宗教法人 円応教
Copyright(C) Ennokyo. All Rights Reserved.