宗教法人 円応教
円応教とは? ご案内 行事告知 教養講座
教養講座
教養講座メニュー
信仰の基礎
入教者への道しるべ
基本用語講座
祭典礼拝
基本用語講座

教文(きょうもん)

教文とは、み教えの文(ことば)であります。自分の言葉、または相対する布教師よりの言葉の表現によって知らされる場合の言葉、これを教文と言っております。お経の場合「経文」と言いますが、経文、教文、いずれも真理の教え、言葉であります。まず教祖の霊導を絶対に信じ念じること、そして信仰対象に礼拝の場合はもちろん、布教師と信者が相向かい拝み合う場合も同じく、双方共、相向かう人を大御親様(おおみおやさま)、教祖として、両者共に敬けんな心で、霊力の無限性、崇高性(すうこうせい)、偉大性を自覚し、反省し、互いに素直に、誠心で、過去と現在の行為と品性について懺悔(ざんげ)することがかなめであります。
前のページへ戻る

サイトについて リンク お問い合わせ
宗教法人 円応教
Copyright(C) Ennokyo. All Rights Reserved.