宗教法人 円応教
円応教とは? ご案内 行事告知 教養講座
教養講座
教養講座メニュー
信仰の基礎
入教者への道しるべ
基本用語講座
祭典礼拝
基本用語講座

治病(ちびょう)

教祖のお言葉に「我一度一度の心行いを 調べて研究下されば 我で我が病気も治り」(教典二四項)「この行(ぎょう)の筋におりて 人に罪をかける心では病気になるは当たり前です 」(教典三七七項)とありますし、また、「病気くらいにあまり大きく思いおりておりません 病気につくまでの用意 またいきあるものの研究ですが」(教典三五二項)とありますから、病気になる原因は自己の一度一度の心の働きと行いとにあるということになりますので、その心と行とが誠の道にかなっているかどうかをよく調べて研究くだされば、自然と病気に対する処置や手当ても分かります。そこで病気は治ると教えられております。

この教えをよく守り、病気にならないようにしなければなりません。でも、万一病気になった場合には医者にもかかり、薬も飲んで、神様、仏様のみ力におすがりすることであります。このようにして自分が救われていくのであります。これは単に病気に限らず、煩悩災難なども、その中に含まれていると言えましよう。治病で最も大切なことは、知るだけでなく、み教えの実行にあります。しかも、心から感謝させて頂き、その通り喜びつつ行(ぎょう)じることが肝要であります。

前のページへ戻る

サイトについて リンク お問い合わせ
宗教法人 円応教
Copyright(C) Ennokyo. All Rights Reserved.