宗教法人 円応教
円応教とは? ご案内 行事告知 教養講座
教養講座
教養講座メニュー
信仰の基礎
入教者への道しるべ
基本用語講座
祭典礼拝
祭典礼法

「おつとめ」のときの礼式を教えてください。

「おつとめ」は、主導師と二人の副導師(ドラまたはカネと、太鼓または木魚に対する人)の三人で行われます。
導師は合掌して真殿に進み、真殿中央に主導師、向かって左にドラ(またはカネ)、向かって右に太鼓(または木魚)の副導師が位置し、真殿に一礼の後、三者相向かって一礼、次に教主(教会にあっては教会長)に一礼、次に参拝者全員に一礼して、真殿に向かいます。 「おつとめ」の順序
1.礼拝
  ドラ(カネ)二つ。「礼拝」と副導師(または司会者)が唱え、全員礼拝致します。終われば、参拝者は「日課勤行文」を開いて持ちます。
2.君が代斉唱
  ドラ(カネ)一つ。「君が代斉唱」と副導師(または司会者)が唱え全員が斉唱致します。
3.円応教歌斉唱
  ドラ(カネ)一つ。「円応教歌斉唱」と副導師(または司会者)が唱え全員が斉唱致します。
4.信者訓戒
  ドラ(カネ)一つ。副導師が「信者訓戒、一」と唱えて、全員が唱和致します。副導師は、以下二から十まで順次唱えます。(四〔よん〕、七〔なな〕、九〔きゅう〕と唱えます)
5.感謝文
  ドラ(カネ)一つ。副導師が「感謝文」と唱え、全員が唱和致します。
6.自覚反省懺悔文
  ドラ(カネ)一つ。副導師が「自覚反省懺悔文」と唱えて太鼓(木魚)を三つ打ち、四つ目から太鼓(木魚)に合わせて、全員が唱和致します。ドラ(カネ)は、各節の終わりに一つずつ打ちます。八節の終わりでは、次の太字のところで、ドラ(カネ)を一つずつ打ちます。「崇高なるか、偉大なるか
7.摩訶般若波羅蜜多心経(まかはんにゃはらみったしんぎょう)
  ドラ(カネ)一つ。副導師が「摩訶般若波羅蜜多心経」と唱えて太鼓(木魚)を三つ打ち、四つ目から太鼓(木魚)に合わせて、全員が唱和いたします。
8.回向文
  副導師が「回向文」と唱え、主導師が回向文を奉唱致します。回向の順序は「慈照院圓應智覺大姉、圓通院天山宗覺居士、深田家先祖代々、十方宗貫居士、円応教信者各家先祖代々、有縁無縁の万霊」
なお教会では、「十方宗貫居士」の後に、「教会長家の先祖代々、教会に縁故のある故人、何々教会信者各家先祖代々」と唱えてもよろしい。
9.信仰目標
  ドラ(カネ)一つ。副導師が「信仰目標」と唱え、主導師が「あなたの心にみ教えを」と先唱し、全員が奉唱いたします。ついで主導師が「あなたのくらしに導きを」と先唱し、全員が奉唱いたします。
10.「くらしのかて」「生活のかて」
  ドラ(カネ)一つ。副導師(ドラまたはカネ)が「○日御教祖様のおことば」(くらしのかて)と唱え、その日のおことばを先唱し、全員で2回繰返し奉唱します。次いで副導師(ドラまたはカネ)が「○日初代教主様のおことば」(生活のかて)と唱え、その日のお言葉を先唱し、全員で2回繰返し奉唱します。
11.礼拝
  ドラ(カネ)二つ。副導師(または司会者)が「礼拝」と唱え、全員が礼拝致します。終われば、参拝者は「日課勤行文」を閉じ、最初の順序で一礼し、導師は退席致します。

注(1) 教会や家庭での朝夕のおつとめでは、「何日、御教祖様のおことば」(くらしのかて)、「何日、初代教主様おことば」(生活のかて)と、その日のおことばを全員でお唱え致します。
注(2) 平素の「おつとめ」では、君が代、円応教歌、信者訓戒を省略してもよろしい。
注(3) 祭典行事のときの導師は、三人が正式ですが、平素は、二人でも、一人でもよろしく、要は「おつとめ」をすることが大切であります。

前のページへ戻る

サイトについて リンク お問い合わせ
宗教法人 円応教
Copyright(C) Ennokyo. All Rights Reserved.