行事報告

円応教華道部 9月花のワークショップ(円応誌9月号・企画)

2020年8月1日

 

9月 花のワークショップ

 

 円応教華道部では、自宅で手軽にできる「花のワークショップ」を企画いたしました。「初めて生け花する方」でも出来るワークショップのアイデアをお届けします。是非、楽しんで作ってみて下さい。

 9月9日は「重陽の節句」、菊の花びらを浮かべたお酒を飲んだり、また、前の晩に菊の花に綿をかぶせておいて、朝に露を含んだ綿で身体をぬぐう「着せ綿」などの習慣がありました。
 現在、9月には敬老の日がありますが、これも菊水泉と呼ばれる養老の滝に由来しています。
 9月はこの菊を生けて、自宅で楽しんだり、周りの方にプレゼントしたいですね。

 


1.準備する花と材料

♦画用紙(色紙)♦牛乳パック♦ハサミ・のり・セロハンテープ♦オアシス♦花材(スプレー菊・りんどう・アイビー1本)
◎アイビーは、葉の小さい花を選びましょう。花屋さんにない場合は、スーパーの園芸品売り場なども探してみましょう)
◎アイビーは生命力があり、長持ちすることから、長寿に重ねておめでたい花として喜ばれています。

*花材費は約600円ほどです。

 

2.花器を作り準備する
◎牛乳パック(底辺7㎝四方の物)を高さ4㎝にカットします。
◎周囲に画用紙(色紙)を巻き付け止める。今回は赤い画用紙を使用します。
◎オアシスを牛乳パックのサイズ(7㎝×7㎝×4㎝)にカットします。
◎オアシスに十分水分を含ませる
◎オアシスを見ずに浸して、カットした牛乳パックに入れます

 

3.花をカットし生ける

◎スプレー菊を花の先から1輪ずつ10㎝、7㎝、5㎝にカットし、散らすようにオアシスに生けます。
◎花器の中心は真っ直ぐに、側面は斜めに生けます。
◎アイビーの葉のサイズが大きい時は、ハサミでカットして整えましょう
◎最後に長寿を願い長いアイビーを流すように添えましょう。

 


花の下の色紙をしいて、完成です。

準備する花、材料
カットした牛乳パック、画用紙の帯
カットした牛乳パックに画用紙を巻く
出来上がったうつわと、カットしたオアシス
オアシスに花を生けていきます
スプレー菊を生けます
花の葉が大きい時は、カットして大きさを整えます
生けた花を整えましょう
長寿を願い長いアイビーを流すように添えましょう
画用紙をしいて綺麗に飾りましょう